「緊張」を有効活用するために(ゾーン状態??) | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2016年 1月 31日 「緊張」を有効活用するために(ゾーン状態??)

みなさん、こんにちは!関田です。

最近は、ぼちぼちとインフルエンザが出てきたらしいので、みなさんも気を付けてください!

特に受験生は、受験会場で移される可能性があるのでマスクや手洗いなどで最大限の予防をしてください。

 

さて、いよいよ明日から2月に突入ということで受験が本格化してきました。

緊張している人・不安な人、さまざまいるかと思います。

 

人間には心理学的に「フロー」「ゾーン」といわれる状態が存在するといわれています。

この状態では、外部からの意識が入ってこず、目の前のモノゴトに超集中できるらしいです。

僕が尊敬している錦織圭選手の試合などでよく解説をしている松岡修造さんが「スーパーゾーンに入った」と言っていますが、スポーツにの話題の中で聞いたことがある人もいるかと思います。

僕もおととい、部活の部内戦を行った時に、それに似たような状態になり反応速度がいつもの1.5倍になったような感覚がありました。

これらは緊張とリラックスが絶妙に絡み合うことで作り出せるといいます。(諸説ありますが…)

このように緊張感というのが必ずしも悪い方向に働くわけではないということをぜひ知っておいてください。

勉強においてゾーンに入れるかはわかりませんが、限りなくそれに似たような状態は作り出せると思います。

 

ぜひ、緊張して集中できないという人はその緊張の原因を紙に書きだして、そのうちのいくつかを消す努力をしてください。

そして、自分の中で緊張とリラックスという相反するものを共存させ、ぜひ自己最高の結果を出してきてください!

応援しています!

 

今日の話は以上です。

————————–

東進の実力講師陣の授業を無料で受けられる
新年度特別招待講習の申込を受け付けています! 

受験勉強を始めたいけど、
「やる気が続かない」
「何をしていいかわからない」
というそこの君!

ぜひ、申し込んでください!