『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』という本について | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2015年 6月 25日 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』という本について

こんにちは!小林です!

大学の課題提出期限が迫ってきました・・・。

本腰を入れてレポートに取り掛からないといけませんね。

 

さて、今回は僕が最近読んだ本の紹介をしたいと思います。

読んだ本は、アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』です!

このタイトルは、「〇〇は△△の夢を見るか?」という形で数多くのパロディを生み出しました。

この本のタイトル自体は聞いたことはなくても、パロディの形で聞いたことある人は多いのではないでしょうか?

 

この本は、未来、第三次世界大戦がおきて地球が荒廃し、多くの人間が火星に移住した世界の話です。

火星に移住した人には、人間と姿形がそっくりで、感情も持ち合わせた、アンドロイドが与えられます。

アンドロイドは火星にて人間の代わりに農耕などの仕事に従事するのですが、なかにはそんな生活に嫌気がさし、

人間を殺害し、自由を求めて地球にやってくるアンドロイドが出て来ます。

そしてその逃亡してきたアンドロイドを破壊するのが、主人公リックの仕事です。

リックはこの話のなかで、計6体のアンドロイドを破壊する任務に就くのですが、

この人間とほとんど同じであるアンドロイドを破壊していくうちに、

リックの、アンドロイドに対する思い・感情が徐々に変わっていきます・・・。

 

この本は「人間とアンドロイドの違いとはなんなのか?」ということがメインのテーマとなっています。

技術が急速に発展している現代だからこそ、この問いを考えることが大切なのではないでしょうか?

 

とまあ真面目な雰囲気を出してみましたが、普通に面白い本なので、

ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ただ今、成田駅前校では、夏期招待講習の申込を受け付けています。

そろそろ勉強、頑張らないといけないとは思うんだけど、踏ん切りがつかないんだよなぁ。

なんて思っているそこのあなた!

私たちは、君が受験生としての第一歩を踏み出すお手伝いをします。

校舎でお待ちしています!