モチベーションの話 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2016年 9月 17日 モチベーションの話

こんにちは!担任助手の篠崎です!

さて、今日はモチベーションの上げ方について話したいと思います。

僕は高1の12月、志望校を決定し、そのころから毎日閉館まで東進で勉強していました。

当時、部活も忙しく、毎朝5時に起きて朝練、授業後は部活という生活でした。

しかし、毎日10時まで勉強というスタイルを崩さず、2年以上過ごすことができました。

なぜできたのでしょうか。

 

その理由は3つほどあります。

1つ目にその志望校にどうしても行きたいという思いが強くありました。

僕はその志望校に行くことで自分の理想の将来像を実現できるという確信があったので

絶対に合格してやろうという思いが強かったのだと思います。

 

2つ目にこのまま普通に勉強していくだけでその志望校に合格できるとは思なかったことがあります。

実際通っていた高校でその志望校に合格した生徒は数年に一人というほどで

結局自分も合格することができませんでした。

勉強時間で言えば誰にも負けない自信があるのですが、それでも合格できませんでした。

 

3つ目に大学受験を自分の中で人生を大きく変えるチャンスだととらえていたことがあります。

大学を終え、社会に出れば全員が平等に競争できる環境にはありません。

しかし大学受験は受験者全員が同じテストを平等に受け、点数のみでその人の評価をします。

「残酷だ」とか「冷酷だ」と思うでしょうか?

確かに点数だけで評価をすることはそういった面があると思います。

しかし逆にルックスやその人の生まれ持った体格など自分のどうしても変えられない部分で競争するより

平等に競争することができる受験の方がいいと思いませんか?

そして受験勉強の成果が実ったその時、その大学に入学し、

その後の人生を有意義に過ごすことができるようになるでしょう。

 

僕はそのように考えて受験勉強を高1に始めました。

皆さんにとっても受験は人生の大きなタームポイントになると思います。

ぜひそのような覚悟をもって受験勉強に取り組んでみてください。

 

―――――――――――――――

↓ 気になるバナーをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の記事