レオナルドダヴィンチの謎。 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2015年 6月 5日 レオナルドダヴィンチの謎。

皆さん、こんにちは‼担任助手の小川です。

この時期、スポーツ好きな小川は楽しみで楽しみでならない時期です‼

テニスの仏オープンの準決勝と決勝、NBAのファイナル、そしてなにより‼

サッカーチャンピオンズリーグの決勝戦‼‼

小川はあえてユーベを推します(笑)

 

さて!本日は、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画の謎について紹介したいと思います!

「最後の晩餐」をご存知でしょうか?結構有名ですよね!

 

 (画像はこのサイトから転載)

絵の中央にイエスキリストがいます。

注目してほしいのは、イエスの向かって左にいる人です。この絵にでてくる唯一の女性です。

この女性は「マグダラのマリア」といわれています。

 

イエスと、腰のあたりは接しているにも関わらず、上半身は遠ざけあっているように見えませんか?

これはダヴィンチが、2人の間に「M」という文字を表現したかったといわれています。(あくまでも一説によるとですが)

そして、このMはイタリア語でマトリモンオ、「結婚」を表しているといわれています。(あくまでも一説によるとですが)(笑)

 

つまり、ダヴィンチは、イエスとは「マグダラのマリア」と結婚した人間に過ぎないと言いたかったといわれています。

しかも、2人の服装を見ると、綺麗なまでに正反対です!!

分かって頂けたでしょうか?(笑)

 

これはあくまで一説にすぎません。ただ芸術は奥が深いな~と思いました(笑)

本日の更新は以上です。明日もお楽しみに!

 

ただ今、「夏期特別招待講習」の申し込みを受け付けています!

今、お申込いただければ、最大で4講座(1講座は90分×5コマ)が無料で受講可能!

定員制ですので、お早めにお申込下さい!

 

また、

6/9(火)に河合正人先生による特別公開授業があります。

 範囲は数Ⅰの必要十分条件です。

河合先生の授業を受ければきっと数学が楽しくなるはずです!

申し込みたい人は↓のバナーをクリック

*************************

もし東進生ではない人で、なかなか勉強の計画が立てられないという人は、ぜひ東進に来てください!