受験を通しての決断vol.2 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2014年 8月 21日 受験を通しての決断vol.2

こんにちは。担任助手の大関です。

先日、初めて「葛西臨海公園」に行ってきました!暑かったですが、海がすぐ近くにあって風が心地よかったです。公園内にあるにも行きましたよ~(^v^)★ペンギンが気持ちよさそうに水の中を泳いでいる様子や、クマノミがとても可愛くて、水族館にはまってしまいました!

 

さて、今週のブログのテーマは「受験を通じての決断」です。昨日浜本さんも言っていましたが、「文系か理系か大きな悩みどころであり、受験するにあたってはすごく重要なことですよね。わたしも高2から理系(よく文系っぽいと言われます。笑)でしたが、1年の文理選択すごく悩みました。

 

 というわけで、【私の受験を通じての決断】は・・・

 

文系理系

上にも書いたとおり、わたしは理系でしたが、1年のころから数学が本当に苦手でした・・・。逆に、社会は(1年の頃は世界史、2年で地理を習って、受験では地理を選択しました。)すごく得意でしたよ!

最初はまだはっきりとした進路はなく理系にいって看護・医療系または教育系に進みたいと思っていましたが、途中から「苦手な数学をたくさんやる理系に進んで成績が大変なことになるよりは、得意科目がある文系にいこっかな~」と思いはじめました。(看護は文系からでも受験できたので・・・)それくらい数学が苦手だったということです(笑)

 

 

しかし、一番やりたいことは生物全般を学んで人の健康を理解することにつなげることだったので、生物Ⅱを学びたくて理系に進む決断をしました。また、数学は苦手でしたが、出来るようになりたいという気持ちがあったので、大変だろうとはわかっていましたが、あえて理系でたくさん数学をやろうと思いました。理系に進んで、生物極めてやろうと決めた瞬間です。

 

その結果、やっぱり2年間数学は進度が速くて定期テストなどでは苦しめられました(笑)だけど好きな生物もたくさん学べて、そのことが活かせるような進路を見つけることが出来たので(それが養護教諭です、私は理系に進んでよかったと思っています。

大学でも生物関連(とくに人間)のことがたくさん学べて嬉しいです(*^_^*)

 

 

「できる道ではなくやりたい道に進む」

このことはわたしが大事だと思っていることです。できることとやりたいことが一致している場合は問題ないと思いますが、さっきのわたしのように、苦手科目のためにやりたいことから離れるのは本当にもったいないです!!

やりたいと思った道が大変そうだな・・・と思うかもしれませんが、自分がやりたいと思って進んだ道なら多少大変でも乗り越えられると思います。

文理選択は一度きり!後悔しないように進んでください!!!

 

長くなってしまいましたが今日は以上です★

明日もお楽しみに~

大関

 

 

過去の記事