受験生へ贈る言葉④ | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2016年 1月 14日 受験生へ贈る言葉④

こんにちは藤崎です!

昨年3月末まで担任助手として勤務していたのですが、今日は10か月ぶりにヘルプとして校舎に戻ってきました。いざ来てみると、10か月ぶりとは思えないようななんか不思議な感じです(笑)

今週のテーマは「受験生へ贈る言葉」ということで、センター試験までいよいよあと2日となりました。

自分がセンター試験に臨む受験生に一番伝えたいのは、「試験中とにかく焦るな」ということです。

本番という場で焦る気持ちは十分わかります。自分も様々な試験や模試で、残り時間が少なくなるにつれ焦ってしまったことは何度もあります。

ですが、焦っていいことは何もありません。気持ちばかり焦っているときは、それにもかかわらず頭が全然回転していないことが多いです。

焦れば焦るほど、どんどん空回りになっていく感じ……自分も経験ありますし、みなさんもあるのではないでしょうか?

では焦らないためにどうすればいいかといえば、自分が予定していた時間配分から大きく外れないように問題を解き進めることが一番確実だと思います。

わからない問題に出くわしても、そこで必要以上に立ち止まらないようにしましょう。

もちろん少しは考えます。考えてみて行き詰ったときに、時間配分から大きく外れてしまいそうであれば、一旦飛ばしたり、そこはもう思い切って勘で答えたりしてしまいましょう。

あともう少し考えればわかるかも、と思ってあまりにもじっくり考えてしまうと、そのままズルズルいき後々時間が足りなくなって焦ってしまうことが結構あります。

そうなってしまうのであれば、そのわからない問題は早めに見切りをつけて、焦らず他の簡単な問題を確実に取っていくことのほうが最終的には高得点に結びつきます。

本番でわからない問題、行き詰る場面に出くわすことは誰しもあります。そのときに、一度冷静になってこのアドバイスを思い出してくれたらなと思います。

とにかく焦らない、もちろん時間内に解き終わるように急ぎはします。ですが無駄に焦らないこと、これが今まで色々な試験を受けてきて自分が思うことです。

わからない問題が出てきたら、「センターなかなかムズイの出してきやがるな」なんて考えながら客観的に今の状況を見つめ、戦略的に問題を解き進めましょう。

受験生のみなさんが、センター試験で満足のいく結果を出せることを心から願っています。

がんばれ受験生!!

藤崎

過去の記事