東進を卒業します【小川編】 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2017年 4月 30日 東進を卒業します【小川編】

 

みなさんこんにちは!

担任助手の小川です。

いや~ついに最後の更新になってしまいました。

僕本日ラスト勤務なんです。

手紙やらなにやらありがとう。

 

パソコンの画面が滲んでみえるんですが最後まで頑張って書こうと思います!!


振り返ってみると、2年前の春、敬愛していた前任の坪井校舎長に声をかけて頂き、期待と不安半分半分でこの仕事を引き受けさせて頂きました。

それからあっという間に2年の月日が流れました。

自分の学び舎であるこの成田駅前校になんとか貢献したいという思いでこれまでの2年間を過ごしてきたつもりです。

 

そしてこの2年間の間で素晴らしい出会いがたくさんありました。

もっとも感謝の気持ちを伝えたいのは生徒です。生徒は本当にキャラが濃かった(笑)

生徒の成果は自分のことのように嬉しく、自分を頼ってくれる生徒の悩みは自分のこと以上に悲痛でした。

これだけは自信を持って言えますが、この仕事をするなかで生徒の喜ぶ顔を見られることがなによりの幸せであり、最も大きなやりがいでした。

成田駅前校の生徒と共に成長できたこと、本当に嬉しく思っています。みんなありがとう!

 

そんな生徒のみんなにひとつだけ伝えたいことがあります。

大学受験を通して、いつも自分を支えてくれる人たちに恩返しして下さい。

「いい大学」に入ることだけが、恩返しにはなるとは限らないと僕は思います。

自分なりの形でいいので受験が終わったときに感謝の気持ちを表現できるといいですね!

 

いま校舎では大学1、2年生の学生スタッフが中心に仕事に取り組んでいます。

だいじろう除く。

 

このブログに書くことではないかもしれませんが、彼らの熱意や能力には先輩としてみても目を見張るものがあります。

そして例年と比較して数多くの生徒が在籍し志望校合格に向けて毎日頑張っています。

 

自分にはこれまでの二年間のなかで最も校舎が活気にあふれ、いい緊張感を保っているように見えます。

何一つ気兼ねなく、この校舎を卒業できることを嬉しく思います。

自分はもう校舎に来ることはありませんが、みんなの成功を蔭ながら祈っています。

 

最後になりますが、この校舎に関わって下さった全ての方のお蔭をもちまして、大学1、2年生のよき時期に大変貴重で充実した日々を送らせて頂きました。東進で過ごした2年間はかけがえのない宝物です。本当にありがとうございました。

 

 

 

成田地域の皆様の信頼を頂けるよう、残るスタッフが誠心誠意の指導を行ってくれると確信していますので、今後とも東進ハイスクール成田駅前校を宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

過去の記事