生徒時代のエピソード~大関亜実編~ | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2016年 10月 22日 生徒時代のエピソード~大関亜実編~

こんにちは。担任助手の大関亜実です。

最近ハマっていることはかぼちゃぷりんを食べることです。。

 

最近のブログのテーマが「生徒時代のエピソード」ということらしいのですが、受験をしたのが昔すぎて正直あんまり覚えてません(笑)

でも、受験時代唯一覚えていることがあるのでそのことについて話したいと思います。

 

 

 

わたしが東進に入学して2回目の模試が8月にありました。夏の模試です!

当時一生懸命勉強していたわたしは、「こんだけ勉強したなら成果は当然出るだろう」などと甘い考えをしていました。

 

なんと一番頑張った英語90点だったんです・・・。

「90点?!?!?!」あまりにショックすぎて次の日は一日ふて寝していました(良い子は真似しないでね★)

 

 

このままだとやばいと思って、なんで模試で点数が取れなかったのか分析してみました。

①単語はある程度わかるけど正確に訳せない

②長文が苦手なのに演習をしていなかった

上記の2点がわかったことだったので、その対策を9月以降はしていきました。

①→「入門 英語長文問題精講」と構文の授業を利用して文章を正確に読んで訳すトレーニング

②→大問別で4~6を毎日解きまくる

だいたいこんな感じで全統まで約2ヶ月過ごしていました!

 

 

そのおかげで10月の全統では英語140点とることができました!!!!!

50点も点数があがったのは嬉しかったです!

 

 

このエピソードからみなさんに伝えたいことは、

「正しい努力をしよう」ということです。

いくらたくさん努力してても見当違いなことをしていたら点数に結びつかないとわたしは思います。

自分のことを分析し、足りないもの・それを補う方法を考えることで(ときには人に聞いたりして)

正しい努力はできるようになります!

 ぜひ自分でかんがえてみてください(*^_^*)

 

 

今日は以上です。明日もお楽しみに!

 

―――――――――――――――

↓ 気になるバナーをクリック