科目別勉強法~漢文編~ | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2016年 8月 24日 科目別勉強法~漢文編~

こんにちは!!小林大二朗です!

8月も残りわずか… いかがお過ごしでしょうか?

目標は8月中にセンター試験目標点突破!!です!!!

残り数日、悔いの残らぬように過ごしましょう!!

 

さて、今回のブログは、前回に続き「科目別勉強法」です!!

今回は「漢文」について簡単にお話しさせてください。

 

前提として、科目にかかわらず、学力をつけるために行うべきことは

知識の習得(インプット)と、問題演習(アウトプット)です!!

解くために必要な知識を獲得し、その知識を演習により、使える知識にする…

「知っている」から、「解ける」に昇華させていくことが大切です。

では、漢文の知識とは何か…?

すなわち、「句形」「単語」です!!

一つ目、句形

漢文は、多くの句形からなっています。

たとえば、使役の句形「使A(名詞)B(動詞)」 読み方:AをしてBせしむ 意味:AにBさせる

といったように、決まった形で使われるものが多くあります。

その種類は「使役」「二重否定」「受身」「反語」「疑問」「部分否定」など様々ですが、それほど多く覚える必要はありません。

その用法、句形を覚えることが漢文購読には肝心です!!

 

二つ目!!「単語」です!

漢文は漢字によって構成されています。

なので、意味は何となく分かります。

が!意味が簡単には取れない単語も中にはあります。

例えば「夫子」「期年」「寡人」「左右」「数」「臣」など、わかりますか…?

「夫子」…先生

「期年」…一年

「寡人」…私

「左右」…臣下、従者

「数」…何度も

「臣」…私

です!!

どうでしょう?なかなか知識なしで読むのは難しいのではないでしょうか?

上にあげたものは、漢文では頻出です。確実に意味がとれるようにしておきましょう!

 

これを聞いて、ええ…覚えることそんなにあるのか…と思った方!

発送の逆転です!それだけ覚えさえすれば、漢文はバッチリなんです!

これらを覚えて漢文の演習を過去問などでやっていけば、

センターは9割以上は安定してとれるようになります!

さらに、センターでそれだけ取れる力があれば、

早稲田の漢文も、ほぼ読むことができるでしょう!

漢文については、とても難しい問題はあまりでないのです!!

 

句法と単語を覚えれば、漢文は得意分野にできてしまいます。

そのために!

参考書などで知識をインプットし、演習を積んでいきましょう!!!

 

以上です!次回の更新をお楽しみに!!!!