【自助、共助】佐野 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2020年 9月 12日 【自助、共助】佐野

こんにちは!

担任助手1年の佐野です!

 

最近、国政が目まぐるしく変化してますね。

そんな中でよく耳にするのは、「自助、共助、公助」

というフレーズだと思います。

これは受験勉強にも共通することだと思ったので

今回は勉強における

「自助」「共助」についてお話ししようと思います。

 

 

9月に入り秋雨前線の気配が感じられる今日この頃、

受験生にとっては夏に取れた勉強時間が

半分以下ほどしか取れなくなってきて

危機感を感じている人も多いのではないでしょうか。

最近「不安を感じる」との声もよく聞きます。

では不安感焦燥感はどのように打ち勝てばいいのか?

 

しかし私はこう思うわけです。

「焦ったって、不安だっていいじゃないか」

すなわち自らに克服を強いる必要はないということです。

(ただ、健全な精神状態が害されている場合は

心を安らげることが必要でしょうが)

 

程よい不安感や焦燥感は

勉強を励行していくうえで

発奮するための原動力となりえます。

 

ただ、自身に絶念してはいけません。

なぜならそれは自らにとって何の利益も生まれないからです。

「自らの利益」というものを考えたとき、

その利益を最大化するために今必要なことは何でしょうか。

自己実現を図ることが利益だとするならば

答えは自ずと見えてくるはずです。

 

今、必死に頑張るのです。

今の努力が自らの利潤を生みます。

自らの利益を最大化するためには

今の努力も最大化しなくてはなりません。

きついかもしれない。辛いかもしれない。

しかし、それこそが自分を助ける道、

すなわち「自助」であると私は考えます。

 

 

さて、私が去年のこの時期に

甚く痛感したことがあります。

それは仲間の存在の心強さです。

不安を感じたとき、焦りを感じたとき

自分の心の奥にあるものを吐露してみてください。

きっと友人や仲間も同じ思いをしています。

私にとって、同じ思いを抱えた仲間がいたことで

自分も頑張ることができました。

仲間と激励し合う事、

それすなわち「共助」です。

そして共助は自助をも助けます。

東進にはグループミーティングで

切磋琢磨している仲間がいます。

今こそ、「共助」実践しませんか?

 

 

 

 

↓ お申し込みは下のバナーから ↓