【単語を覚える3つのポイント】 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2019年 8月 15日 【単語を覚える3つのポイント】

こんにちは!

担任助手の野村です

 

8月も半分が過ぎましたね^^

悔いのない夏休みにできるよう、残りも頑張りましょう!

 

さて、本日のテーマは「単語の覚え方」です!

英語を読むためには、単語を覚えないと始まりませんよね!

ちなみに大学受験でどのくらい覚えなければいけないかというと、

センター試験レベルで、約1800語といわれています。

 

「そんな数…なかなか覚えられない…」

という人も多いのではないでしょうか?

そこで今日は、「単語を覚えるポイント」を

3つ紹介しようと思います!

 

 

ポイント①

最初は、「第一意味」だけ覚える

単語帳を見るとたくさんの意味が書いてありますが、

最初は「第一意味」だけ覚えるようにしましょう!

一度に覚えようとしても、パンクしてしまうので(::)

重要な単語を覚えた上で、第二意味や活用形等も覚えていくと

効率が良いと思います!

 

 

ポイント②

1日に何度も繰り返す

皆さんは単語を「いつ」勉強していますか?

時間帯は自由ですが「1日で何度も同じ範囲を繰り返す」

と覚えられると思います!

例えば、「朝15分・昼15分・夜15分で単語1~50を3回トレーニング」みたいな^^

このトレーニングは、何度も知識が上塗りされていくので、定着しやすいです

 

ただ「時間がかかる」点がデメリットでもあるので、

自分に合っていれば試してみて下さい♪

(じっくり暗記したい!という人にはオススメです!)

 

ポイント③

声に出して読む

最後のポイントは、「声に出す」ことです!

なぜ声に出すと覚えやすいのかというと、「口・耳・脳」で覚えるからです。

普通単語帳をやっていると、「目」で覚えていきますよね。

声に出すことで、五感全体を使って覚えることができるんです!

さらに実際に発音することで、「発音・アクセント」の分野にも強くなりますよ♪

 

 

さて、ここまで「単語の覚え方」についてお話しました!

まとめると、

 

ポイント①

最初は「第一意味」に集中し、効率良く覚える!

 

ポイント②

1日に何度も繰り返し、知識を上塗りする!

 

ポイント③

声に出して、五感で覚える!

以上の3点が「単語を覚えるコツ」です!

 

 

ちなみに東進ハイスクールの「高速基礎基礎マスター」は

 

1問1答形式だから、「第一意味」を効率良く覚えられる

スマホを使って、いつでもどこでもトレーニングできる

音声が流れるから、耳で覚えられる

 

という「単語を覚えるポイント」が凝縮されているので

試してみたい方は、ぜひ校舎にお問い合わせください♪

↓ ↓ ↓