【これを読んで、少しでも不安要素を無くしてください】黒田 | 東進ハイスクール 成田駅前校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2022年 1月 14日 【これを読んで、少しでも不安要素を無くしてください】黒田

どうもこんにちは!1年担任助手の黒田です!

 

いよいよ共通テスト国公立二次・私大の受験も迫ってまいりました!

 

『よし、やってやる!』と意気込む人、

『無理かもしれない。。。』と不安が頭をよぎる人、

 

皆さんそれぞれいろんな思いを胸に秘めていると思います。

私自身も、入試本番が近づくにつれて緊張が高まりました。

 

 

過去問を解いていて、どんなに自信があった大学に対しても、

実際に本番を迎えた日はとても緊張しました。

 

 

しかし緊張は決して悪いことではありません。

緊張することで集中力が高まり、

 

また交感神経が優位に働き、

動きや心理にスイッチが入ることもあります。

 

 

また不安な状態は、事前の準備確認作業をすることにつながります。

 

 

、、、、とは言いつつも、

大学受験の緊張ってそんな簡単なものじゃないですよね。

たくさんの不安要素、あると思います。

 

そこで今回、皆さんにこの言葉を覚えて

入試に臨んで欲しいと思います。

 

『寝れなくたって、問題無い。』

 

緊張から寝れないときもあると思います。

 

 

もしそれが入試本番だったら。。。

と考えてしまうかもしれません。

 

でも大丈夫です。

 

 

寝れなくても大して点数はは変わりません。

これは私の経験則から得た知見です。

 

睡眠時間をわざと2~3時間しかとらなかった場合と、

しっかり寝て7~8時間取った場合を、

 

模試や過去問で何度も比較して試していました。

結論から言うと、ほぼ変わりませんでした。

 

 

そんなの人それぞれじゃん。と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

私も初めはその一人でした。

 

受験生の頃、父に同じことを言われたのですが、

なかなか信じませんでした。

 

しかし、たまたまだったかもしれませんが、

一回目に比較したときに大して変わらなかった経験のおかげで、

2回目以降は2パターンとも同じメンタルの状態

臨むことができるようになっていました。

 

 

そう、知らぬ間に出来不出来の「ムラ」を解消していたんです。

なのでこれを聞いて信じられなくても、

 

自分に「大丈夫なんだ」と自己暗示をかけてみてください。

 

さらに大事な言葉をもう一つ覚えていただきます。

 

 

『どう眠くならようにするか』

です。

 

 

睡眠不足なら、受験中に睡魔に襲われてもおかしくありません。

なので眠くならない対策は十分に行いましょう。

 

カフェインをとる

昼ご飯を食べない

 

など、できることはたくさんあるはずです。

私は実際に昼ご飯は全く食べず、

 

ブドウ糖とブラックコーヒー1本

 

これらをもって受験会場に行っていました。

 

 

今まで積み重ねてきたものを繋げきるためにも、

全力を出し切るためにも、

 

 

万全の対策をしていきましょう!!!

 

 

それではまた!

 

お申し込みは下のバナーから↓