【努力は自信につながる】古川 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2020年 9月 14日 【努力は自信につながる】古川

こんにちは、古川です。

 

今年の1月に買ったカメラが壊れ

先日修理に出したところ、

もう修理を受け付けていない機種だ

と言われ、とてもしょげています。

(結構高かったのに……)

さて、9月も中旬に差し掛かりましたね。

わたしは受験生のとき

9月に入ってだらけてしまい

とても後悔しています。

 

ここで油断してだらけてしまうと

学力は急速に落ちていくし

周りにどんどん抜かされるし…

それまでの努力が無駄になってしまいます。

 

みなさんはそんな失敗をしないで下さい。

 

夏で成績が上がったからといって

油断しないこと!!!

 

 

また、この時期になると

「受験」というものを本格的に

意識し始めると思います。

 

試験日程や併願校の調整、

過去問の得点率など

気を配る点が増えてきて

「本当に自分は受験をするんだ」

という実感が湧いてくる。

 

さらに共通テストの出願も

もうそろそろでしょうか。

 

1秒も無駄になんてしてられません。

 

わたしも受験生を見ていて

(自分が受験をするわけではないのに)

とてもドキドキしています。

 

皆さん毎日ほんとうに頑張っているので

絶対に受かって欲しいし、

絶対に受かると信じています。

 

 

ただ、一つ心配なことがあります。

「試験で実力を発揮できない」

ということです。

 

過去問でどれだけ高い点数が

取れていても、

今までの模試で毎回A判定

だったとしても、

試験当日に自分の実力を出し切れないと

合格できないのです。

 

当たり前のことを言っていますが

これがよくありがちで

本当にもったいない。

 

試験で実力を発揮できないと受からない。

そんなことわかりきっているのに、

どうしてそうなってしまうのでしょう。

 

 

試験当日、自分に自信を与えてくれるのは

お母さんの応援でもなく

好きなバンドの曲でもなく

いつも使っている参考書でもなく

「必死に努力してきたという事実」です。

 

 

試験当日に実力を発揮できないのは

「今までの努力が正しかったのか」

「もっと努力できたのではないか」

と自分の頑張りに不安を感じ、

自信を失ってしまうからです。

 

 

逆に言えば、

自分が後悔しないくらい

最大限の努力をすれば、

自信は自然と付いてくる

ということです。

 

いま充分に頑張りきれていない人は

まだ間に合います!!

 

試験当日に実力を出しきれるように

日々最大限の努力をすること、

意識していきましょう!!

それでは! 古川でした!!

 

 

↓ お申し込みは下のバナーから ↓