【好きなことに全力で!】築山 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2020年 2月 22日 【好きなことに全力で!】築山

こんにちは!

担任助手の築山です。

最近は暖かい日も増えて

春が来ているのを

じわじわと感じますね!!

 

春、というと

まさに進学・進級の時期だと思います。

 

最近、ある生徒から

志望校がはっきりと決まらず

モチベーションが上がらない、

という声を聞きました。

 

志望校の決定、というのは

これからの4年間を決める

大事な決断になります。

 

また、進学先によって

それからの長い人生

大きく変わる、と

思う人も多いと思います。

 

私も実際に

大学で何を学ぼう、と考えた時。

 

就職に役立つものを優先すべきか

自分のやりたいことをやるべきか

そもそも自分の好きなものは何か

 

大きく悩む時期がありました。

 

結果的に私は

自分のやりたい分野を見つけ

就職のことはそんなに深く考えずに

大学・学部を決定しました。

 

もちろん!

中学生・高校生のうちに

将来について細かなビジョンのある人

それに則って

大学を決めるのも

一つの手だと思います。

 

ですので今回は

大学で何を学んだらいいか

はっきりわからない。

就職のことを

考えて決めるべきか

悩んでいる。

という人が

主なターゲットのブログになります。

 

ということで

私の立場から

皆さんに話せる

志望校の決定について

お話ししたいと思います。

 

 

まず、大学の学びについてです。

 

今皆さんがしている

高校での学び、というのは

5教科の様々な分野を横断した

広い分野のことを、

自分の趣味趣向と関係ないものが

多いのではないでしょうか。

 

しかもそれも

一方的に与えられるもの

ほとんどです。

 

だからこそ

数学苦手なのにやらなきゃ…とか

地理はそんなに得意じゃないのに…とか

そういった声が出てくると思います。

 

ですが、大学の学びは違います。

自分のやりたいことを

自分のやりたい形で

自ら取り組んでいく学びです。

 

だからこそ

大学で何を学ぶか、は

自分の決断に大きく委ねられます。

 

 

次に、就職についてです。

 

私もまだ大学1年目なので

就活について詳しいことは話せませんが

例えば、私の学部。

人文学、社会学、生物学、と

広い分野を学べる学部ですが、

就職先は本当に様々です。

 

メディア業界に行く人、

公務員になる人、

一般企業に勤める人。

 

それを見ていて思うのは

大学がその後の進学先を

必ずしも決定するわけではない

ということです。

 

ここまで

大学の学びと就職について

話してきましたが

ここで私が言いたいのは

 

大学では自分の学びたいことを

精一杯学んでいくべきだ

 

ということです。

 

4年間もある大学生活。

 

自分の好きなことでなければ

絶対に向き合えないと思います。

 

それに自分の好きなもので

固めた4年間を

精一杯に過ごせば

必ず将来に生きるもの

手に入れられるはずです。

 

大学に入ると

高校までと

比べ物にならないくらいに

様々な環境や様々な人に

出会うことになります。

 

それを体感してから

自分の将来を考えると

また今とは

違った景色が

見えてくるのではないでしょうか?

 

今回私がお話ししたのは

一つの考えに過ぎません。

 

みなさんが

自分の力で

自らの将来を

素晴らしいものに

導いていくことを

祈っています!!!

 

お申し込みは下のバナーから↓