【”完璧”にこだわらない】大野 | 東進ハイスクール 成田駅前校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 12月 6日 【”完璧”にこだわらない】大野

こんにちは! 

担任助手1年の大野です!

最近ほんっっとうに寒くなってきましたね…

1日で一番辛い瞬間は

朝布団から出るとき!

二度寝が最大の敵になる今日この頃です笑

 

 

 

さて今回は受験生の皆さんに

“完璧”にこだわらない勉強

について

お話ししたいと思います

 

共通テストまで

あと40日となりました!

試験本番はもうすぐそこ!

時間はかなり

限られてきています

 

がその反面

 

“やらないといけないことが

たくさんある〜〜”

“間に合わない〜〜”

 

というのが本音の受験生も

多いのではないでしょうか!

(私はまさにそうでした。。。)

 

そんなみなさんに伝えたいことこそ

「完璧を目指さない」ということです!

 

受験勉強に使える時間が

限られている今、

 

試験範囲を完璧にするための勉強

をするのではなく

 

より合格に近づくための勉強を

効果的にしていくことが

大切だと思います!

 

そこで

具体的に意識することとして

私が紹介したいことは

大きく分けて2つあります!

 

苦手度×重要度の優先順位つける

②分かるけど解けない問題をなくす

 

 

①苦手度×重要度の優先順位つける

 

苦手度=模試や過去問演習の結果etc

重要度=出願校における出題頻度etc

 

を元に優先順位をつけましょう!

 

苦手でかつ頻出の範囲から順に

学習を進めていくことで

より合格に近づきやすくなると思います!

本番までにできるだけ多くの苦手を

なくしておきましょう!

 

②分かるけど解けない問題をなくす

 

「この問題やったことある…

けどどうやって解くんだったっけ」

 

てなったこと、ありませんか??

 

こんな風に、

問題で1度触れたことがあるけど、

今出題されたら

答えられるか不確実なもの

直ちに復習しましょう!

 

そのような問題・知識は

今復習をし直しておけば

試験本番で完璧に

使いこなせるようになる可能性が

高いものといえます!

今のうちに

自分のものにしておきましょう!

 

新しい知識を

入れていくことも大切ですが、

まずはこれまでに得た知識や解法を

確実に使えるようにしておく

必要がありそうです!

 

 

 

受験勉強に完璧はないと思います…

どんなに準備をしていても

何かしらの苦手・不安要素は

残るものです…

 

でもだからこそ、

時間も限られてきた

この時期においては

 

試験範囲全てを

完璧にするための

勉強をすることよりも

 

より多くの苦手を

より効果的に

潰しておくための

勉強をすることの方が

 

受験で勝つことに

繋がりやすくなると思います!

 

 

①苦手度×重要度の優先順位つける

②分かるけど解けない問題をなくす

 

この2つを

ぜひ意識してみてください!

 

 

いよいよ冬本番❄️

体には気をつけて

最後まで一緒に

頑張っていきましょう!

応援しています!

 

↓ 各種お申し込みは下のバナーから ↓