【感謝】 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2018年 11月 28日 【感謝】

 

みなさんこんにちは!成田駅前校担任助手の大関菜未です!

最近とっても寒くなりましたね…

ついに私もコートを着るようになりました!

みなさんも寒さ対策を徹底して、

体調管理に努めてくださいね!

 

さて、もうすぐ12月ということで

受験本番が迫っていて不安を抱えている皆さんに

私からメッセージを送りたいと思います!

 

テーマはズバリ”感謝”です。

 

受験勉強というのは、

人生で一番努力する機会であったり、

進路を決めるためのものであったり、

どういうものであるか、というのは人それぞれだと思います。

 

私が受験生活を通して感じた(といっても3年も前ですが…笑)、

私にとっての受験勉強は、

 

家族、友達、東進の担任助手、

自分が関わる全ての人へ感謝をする機会

でした。

 

まずは家族の話をします!

私は高校生のころ、片道2時間近くかけて学校へ行っていました。

私は朝早く学校へ行って勉強したかったので、

毎日朝早くに親を起こして、

駅まで送ってもらっていました。

 

また、毎日お弁当を作ってくれたり、

学校が終わって東進で22時まで勉強した後も

毎日迎えに来てくれていました。

このような家族のサポートのおかげで私は

受験勉強に集中することができました。

 

 

次に学校の友達の話をします!

私は一度だけ、受験に関することで

クラスで泣いたことがありました。

ただ友達に愚痴を話しているだけだったのに

私は気づいたら泣いていて、

その時初めて、

 

自分が本当に追い込まれているんだということを認識しました。

 

友達はたぶん困ったと思います。

急に泣き出したので(笑)

でも、私が話しているとき何も言わずに

すべて聞いてくれて、共感してくれて、応援してくれて、

私を前向きな気持ちにさせてくれました。

 

学校のみんなも同じ受験生なのに、

こんなにも私の支えになってくれたんです。

一緒に努力する仲間がいることで、

つらいことも乗り越えられる

一緒に頑張る仲間ってやっぱり偉大だな、と

友達の存在に感謝した高校3年生の冬でした!

 

最後に東進の担任助手について話します。

私は千葉大の二次試験の過去問を解いているとき、

どうしてもできなくて

何度も助けを求めた担任助手がいました。

 

その担任助手は千葉大学の二次試験のコツを教えてくれたり、

数学の記述対策についてたくさん教えてくれただけではなく、

数学ができなくて精神的に参っていた私をずっと励ましてくれました。

問題が解けなくて涙目になりながら日々過ごしていた私が

千葉大の過去問と向き合い続けることができたのは

この担任助手のおかげだったと思います。

 

また、私には姉がいるのですが、

私が受験生の時に担任助手2年目でした。

姉には家でも受験勉強についてたくさん質問をしたし、

東進にいるときも応援してくれていました。

 

そんな姉ですが、私が千葉大に合格して東進に電話を掛けたとき、

なぜか大、大、大号泣してました(笑)

思わず私は何でそんなに泣いてるの?と聞いてしまいましたが

今思えば、家族であり、担任助手であった姉は、

人とは違う立場から私のことを見ていたからこそ

抱えていた不安や心配があったと思います。

間違いなく私のことを一番近くでみていたから、

私の合格をあんなにも喜んでくれたのだと思います。

 

家族であり、担任助手であった姉がいたから

私は頑張ることができたのだと思います。

本当に感謝しています。

 

皆さんは今どういう気持ちで勉強していますか?

焦り、不安いろいろあると思いますが、

常に自分は誰かに支えられて毎日を過ごしていることを

忘れないでください。

 

誰かに支えられているから、

受験勉強を途中で投げ出してはいけない、

中途半端にやってはいけない、と

自分のモチベーションにもなってくれます!

 

勉強を頑張れなくなったときには、

まわりの人への小さな感謝をたくさん見つけてみてください!