【最後まで1点にこだわれ!】北林 | 東進ハイスクール 成田駅前校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 11月 20日 【最後まで1点にこだわれ!】北林

こんにちは!

担任助手2年北林です!

 

今日の北林語りは

『最後まで1点にこだわれ!』

というテーマで語ります!

 

その中でも話したいのが

今日実施されている

『難関・有名大記述模試』

についてです!

 

9月から単元ジャンル演習がスタートして

約2か月半

最近では第一志望校の過去問だけでなく

併願校の過去問の対策にも

手をつけていると思います!

 

このブログをみるのは

模試が終わった頃だと思います

 

今までの演習の成果を発揮すること

はできましたか?

 

ここで記述型模試の帳票に

載っている偏差値の度数分布表

を見てみると、

昨年合格者の偏差値ボリュームゾーン

昨年不合格者の偏差値ボリュームゾーン

にあまり差はなく、

合格最低点付近にかなり多くの受験生

が集中している印象です

 

これを見ると、

英語のスペルミスで失う1点

数学の部分点として加点される1点

がいかに重要か、

合否を分ける1点になるか痛感します

 

共通テストのように

各問が0か100かで済まされる

わけではないのが記述模試です

 

スペルミスのような落とし穴

部分点のような加点チャンス

があるため、

『泥くさく1点でも

多く点を取りに行く姿勢』

がとても大事です!

 

今回の難関有名模試では

それができましたか?

 

復習の際は知識面だけでなく、

どこで1点でも失点を減らせたか、

どこで1点でも加点を

もらうことができたか、

しっかり分析して本番に活かすこと

がとても大事です!

 

本当の意味で

この1点にこだわれるようになれれば、

受験生として

かなり大きな強みになるはずです!

 

自分の失点パターン

得点パターン

をしっかり分析しましょう!

 

これで北林語りを終わります!

 

来月もお楽しみに!

 

See you next time!

 

各種お申し込みはこちらから

↓↓↓

英単語集中特訓