【直前期の三カ条】 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2021年 1月 26日 【直前期の三カ条】

みなさんこんにちは!

担任助手の大木です。

 

先日、卒業論文を

無事提出してきました。

総文字数25000字強。

本当に長い道のりでした。。。

これだけ長い文章は

人生で初めて書きましたが、

そのおかげもあってか、

この間2000字のレポートを

1時間で書き上げることが

できました。(笑)

今まで数千字程度のレポートで

ヒイヒイ言っていた自分が

情けなくなってきますね。

 

さて、余談はこの辺にして…

 

受験生の皆さん、

共通テストを終えて、

私立大学の受験も少しずつ

始まってきました。

今回は、残りの受験生活を

過ごす上でのポイントを

いくつか話してみようと思います。

 

①この時期だからこそ”緻密な計画”を

ここまでくると、

受験のゴールも見えてきます。

と同時に、試験日までの日数が

体感できるようになると、

不安や緊張も大きくなってくると思います。

意味もなくぼーとしてしまったり、

ちょっと息抜きのつもりが

友達とだらだら話してしまったり、

不安がいろいろな形になって表出しきますよね。

そんな時期だからこそ、

是非、”緻密な計画”を立ててみてください。

朝何時に起きて~、

から始まって、

夜寝る直前まで、

どこ大学の何年度の何の過去問をやるのか

一問一答を何ページから何ページまでやるか

その日にやるべきことを分単位で設定してみる。

もちろん、計画の中には休憩や

息抜きの時間も入れとく。

こうすると、

無意味に不安になる時間

無駄な時間を極限まで減らせます。

計画を立てる時間は

無駄な時間のように見えますが、

この時期にしっかりと計画を立てておくことは

結果的に自分の時間を

増やすことにつながります。

 

②「あやふやな知識」をなくす

試験当日をイメージしてください。

問題用紙を開き、

1問目を見てみると、

見たことも聞いたこともないような

用語が並んでいる。

消去法で選んだけど、

あっている自信が全くない。

これは、ある意味仕方がないことですよね。

 

それに対して、

「あれ…??この問題どっかでやったな…」

「あの問題集のあそこに書いてあったよな…」

「あの模試で同じような問題出てたな…」

でも、思い出せない!!!!

これは、めちゃくちゃ悔しいですよね。

 

この時期になると、

新しい参考書に手を出したくなる病

かかっている人を時々見かけます。

もちろん、過去問で出てきた知らない知識を

確認することは重要です。

 

しかし、そこばかりに気を取られて

基礎・基本の知識が抜け落ちている

ということはありませんか?

 

直前期のこの時期だからこそ、

今までやった問題集、

模試、一問一答、受講のテキストを

しっかり見直しておきましょう。

 

③最後まであきらめない

入試直前になると、

まだ試験も受けてないのに、

「もうだめだ…」

といってくる人がいます。

 

でも、本当にダメなのでしょうか?

 

まだ試験も受けてないのだとすれば

結果はまだ誰にもわかりません。

 

今みんなができることは、

 

最後まであきらめずに、

合格の可能性を1%でも高めていくこと

 

これにほかなりません!

 

「今覚えている用語が本番出るかも」

「今問われている知識が本番問われるかも」

こういう意識をもって、

最後まで諦めずに

勉強し続けてください!

 

さて、今回は3つほどあげてみました。

受験勉強、そして、受験生活も、

残りわずかとなりました。

最後まで諦めず、

自分に甘えることなく、

勉強し続けてください。

そして、

自分自身の力で

第一志望校合格を

勝ちってきてください。

 

応援しています!

 

↓ 各種お申し込みは下のバナーから ↓