【過去問ってなんで何年分もやるの?】 | 東進ハイスクール 成田駅前校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2021年 6月 20日 【過去問ってなんで何年分もやるの?】

こんにちは!大木です!

 

そろそろ夏休み1ヶ月前ですね

そろそろ高校3年生の部活を引退した組が

本気で勉強一本に集中する時期ですね

 

ということで今回は校舎にいるとよく受験生に聞かれる

 

 

 

「なんで過去問って10年分も解くんですか?」

 

 

 

 

ということについて説明していきたいと思います!

 

 

 

単刀直入に言うと

 

 

その大学の問題形式・傾向がつかめるからです

 

 

 

問題形式・傾向がつかめると良いことがいくつかあるんです

 

 

まず

 

 

過去問を解くスピードが上がる

 

 

慣れというものは恐ろしいもので、

最初のうちは全然時間が足りなかったのに

何回も繰り返し同じ形式を解くと

いつの間にか間に合うようになるんです

 

 

また

 

 

得点率が飛躍的に上がるんです

 

 

なぜなら、何年分もやっていると

 

前に間違えた問題に似ている問題が

 

解けてくるようになるのです

 

 

そのためには少なくとも10年分の過去問をやり

 

体に馴染みこませなければならないのです

 

 

 

過去問を10年分解くのは一見時間がかかり大変そうですが

 

 

 

 

 

 

実は志望校への1番の近道なのです