【2018年を終えるにあたって】 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2018年 12月 31日 【2018年を終えるにあたって】

みなさんこんにちは!

東進ハイスクール成田駅前校の

大木です!

今日は2018年12月31日

いよいよ2018年も残りわずかとなりました。

「光陰矢の如し」

という言葉もありますが,

自分が受験を終えてから

2年が経過したということを考えると,

本当に時が経つのは早いなぁ…と実感します。

 

受験生にとっては,

年が明けたらセンター試験間近。

いよいよ最後の追い込み時期ですね。

残された時間は限られています。

その中で自分がやるべきことは何なのか,

今何をするのがベストなのかを常に考えて

最後まで気を緩めることなく

毎日の勉強に励みましょう!

 

さて今日は

”2018年を終えるにあたって”

というテーマでお話しさせていただきます。

みなさんは年末に1年のふり返りをしていますか?

1年の計は元日にありという言葉がありますが,

僕はそのための準備として

年末に1年間の振り返りをすることは

非常に大切だと考えます。

1年を振り返るポイントとしては次の2つが

挙げられるでしょう。

 

① 1年間で達成できたこと

ふり返りというと悪いことや

出来なかったことばかり

考えてしまいがちです。

しかし,自分が達成できたこと,

少しでも成長できたなと思うことを

見つけることは,次のステップに向けた

自信につながります。

1年間で英語の点数が30点伸びた

毎日高速マスターを継続して実施できた

など,本当にちょっとしたことでも構いません。

人間は,成功体験がないと

なかなか次のステップへは進めないものです。

1つでも多く良かったところを見つけ,

来年への自信につなげましょう!

 

② 1年間で達成できなかったこと

これは挙げていったらキリがない…

という人もいるでしょう。

立てた計画通りやろうとしたのに

すぐ崩れてしまった…

ついつい楽しいゲームに手を出してしまった…

などなど,反省点だらけの人もいるかもしれません。

しかし,失敗することは悪いことではありません。

失敗することで,自分はこうやると失敗する

という失敗のパターンが見えてきます。

1度失敗してもそれをしっかり振り返って

失敗のパターンを分析し,

次同じ失敗をしなければよいだけの話です。

問題なのは同じ失敗を何度も繰り返す人。

失敗したことをふり返らずに,

次同じ状況に直面した時に

また同じ失敗を繰り返す。

これでは何の成長もありません。

失敗するのが問題なのではなく,

失敗したことをふり返らずに

同じ失敗を繰り返すことが問題なのです。

受験生,1・2年生拘わらず,

この1年で自分ができなかったことは何か

その原因は何か

次どうしたらできるようになるのかを

考えてみましょう!

 

ここまで”振り返り”の大切さをお話してきました。

これについては,普段の勉強の中でも

生かせることが多いと思います。

模試を解いた後の振り返り

過去問を解いた後の振り返り

などなど

何かをした後にその事柄について

見つめ直す習慣をつけ,

効率よく学習を進めていきましょう!

 

みなさんにとっての

2018年はどんな1年だったでしょうか??

やり残したことをすべてやりきって

新たな気持ちで新年を迎えましょう!

 

それでは,よいお年を~!

 

――――――――――――――――――

東進ハイスクールでは

センター試験と同じ日に

全く同じ問題を受験できる

センター試験同日体験受験

を行っています!

この模試は今の現状を把握して,

1年の学習の方針を決める良い機会です!

少しでも気になったら気軽に成田駅前校に

お問い合わせください!

 

↓各種お問い合わせは以下のバナーから↓