【ここ時期に心がけていたこと】 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2019年 1月 2日 【ここ時期に心がけていたこと】

みなさん

あけましておめでとうございます!

成田駅前校担任助手の

大関菜未です!

今日は1月2日ですね!

 

私は昨日おもちやらおせち料理やらを

たくさん食べたので

とても体が重いです。

成田駅前校ダイエット委員会委員長の

榊〇担任助手に怒られてしまうので

食べ過ぎには注意したいと思います…

 

さて、今日でセンター試験まで

あと17日

となりましたね!

 

残された時間は短いですが

受験生は最後まであきらめることなく

一点を貪欲に取りに行ってください。

 

今日はちょうど3年前の今頃

私が受験生だったころの

センター直前期に

心がけていたこと

お話したいと思います。

私が心がけていたことは、

「基本動作の徹底」

です。

生活面ならば、私は

手洗いうがい

早寝早起き

一日三食

この当たり前を当たり前にやるように心がけていました。

この時期に体調を崩してしまっては

最悪です。

勉強が思うように進まず

とても焦ると思います。

なので体調を、

勉強ができる状態に保つために

この3つを行っていました。

(常に体調がベストである必要はないと思います)

 

次に勉強面ですが、

この時期は特別なこと、新しいことは

全くやっていませんでした。

英語ならば、

英単語、英熟語、英文法、長文演習

これをただ当たり前のように

毎日やっていました。

国語だったら

古文単語、古文文法、演習

最低限のことですが

極めて大切なことのみを

行っていました。

 

私がこれらの基本動作を大切にしたのは

 

本番の精神安定剤を増やしたかったからです。

 

今の時期に新しいことをやったとしても

その新しいことは学習期間が短いので、

本番までに100%定着させることは

ほぼできないと思います。

だから入試本番に出てきたとしても

答えられる可能性は低いです。

また、今までずっと学習してきていて

ほぼ身についてるとしても

本番になって忘れてしまうこだって

ありますよね?

いつもであれば得点できるところを

失点してしまうのは

精神的にもかなりつらいですし

後々の科目にも引きずってしまい

得意なはずも科目高得点を取れない

 

なんてケースも考えられますよね?

私は、すべての試験を

自分のできるベストパフォーマンスで臨むために

基本動作

これを本当に大切にしていました。

私が基本動作に執着した理由は

自分の実力以上のことを求めるのではなく、

自分の持っているすべての実力を本番で発揮することに

フォーカスした結果です。

 

センター直前で何をしたらよいのかわからない

という人がいたら

いつもやっていることを

いつも通りやりましょう。

 

正しい努力は自分を裏切らない

ならば

今まで成績を伸ばしてきた

自分の勉強方法は

正しい努力です。

 

自信を持って

あと17日

全力で自分と向き合ってください!!

 

※あくまで私の経験なので、すべてを鵜呑みにするのではなく、参考にしてみてください。

 

センター試験と同じ日に

実際のセンター試験の問題を

体験することのできる

 

センター試験同日体験模試

 

来年以降にセンター試験本番を

控えている高2生以下のみなさん

 

実際のセンター試験がどんなものなのかを

体感してみませんか…??

 

下のバナーからお申し込みください!

 

↓ ↓ ↓