夏期合宿について | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2019年 5月 16日 夏期合宿について


こんにちは、成田駅前校担任助手の篠崎です。

 

今日は夏期合宿についてということでお話したいと思います。

 

受験生のみなさんは夏期合宿の話はもう聞きましたか?

 

4泊5日で河口湖付近の宿にて英語を集中的に勉強する合宿となっています。

 

私は高校2年生の時に親や当時の担任の先生に無理を言って

通常高校3年生が参加する夏期合宿に参加させてもらいました。

 

そして私が入れたのがH2というクラスです。

 

慎先生のクラスで英文法から長文まで総合的に徹底的に英語を学びました。

 

その合宿の中でも印象的だったことを紹介したいと思います。

 

合宿ではみなさんの想像するように、たくさん勉強をします。

 

行きのバスの中でもひたすら音読をし、

 

宿についてすぐみんなで音読を行い、

 

トイレに行く時にもテキストを持っていき、

 

ご飯を食べる時もテキストを見ながら食べ、

 

お風呂の中でも音読をしていました。

 

私もそれまでしっかり勉強時間をとっているつもりでしたが、

自分で天井を決めて、この時間はできないと勝手に決めつけ

勉強していない時間があることに気づくことができました。

 

そして何と言っても合宿の醍醐味はテストにあります。

 

私のクラスの目標は「全員で満点をとる」だったので、

全員が満点を取るために全力で勉強していました。

 

 

さらに、授業を受ける際の席順は班の確認テストの平均点の上位から並べられていきます。

 

つまり、自分の点数が低いとみんなに迷惑をかけてしまう、、

 

そんなことを思いながら勉強できるので、

自分へのプレッシャーをかけながら勉強することになります。

 

満点をとれないことでの悔しさで泣いてしまう人も周りにいて、

それだけみんな真剣にテストに向き合っていました。

 

そのおかげということもあり、

私は2年生の6月時点で英語筆記が120点くらいだったのですが、

 

その年の12月には184点まで上げることに成功しました。

 

みなさんもぜひ合宿に参加をして勉強時間や集中力を限界まであげてみてください!

 

きっと勉強へ向かう姿勢や自分の甘えに気づけるはずです!

 

以上

各種申し込みは下のバナーをクリック↓