【模試って何のために受けるの?】 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2020年 2月 20日 【模試って何のために受けるの?】

みなさんこんにちは!

成田駅前校担任助手の大木です。

今日は、模試の活用法について

話していきたいと思います。

 

 

模試って何のために受験するの?

まだ全然勉強が進んでいないのに

受ける意味あるの?

 

皆さんももしかしたら

こんな疑問を持ったことが

あるかもしれませんね。

 

改めて、

模試は何のために受けるのかを

今日はお話していきたいと思います。

 

①本番を想定したトレーニング

志望校に合格するためには

たった1回の本番の入試で

自分の成果を出し切らなければなりません。

 

本番は、

急に傾向や問題が変わったり、

周りの受験生の雰囲気に圧倒されてしまったり、

と、何が起こるかわかりません。

 

こうした状況下でも自分のベストを

発揮するためのトレーニングをする

それが、模試を受ける1つ目の目的です。

 

特に本番緊張してしまいやすい人は

色々な模試を受けていく中で、

雰囲気に慣れておくことを

おススメします!

 

 

②自分の強み・弱点を見つけること

模試の成績表が返却されると

つい点数と志望校判定だけに

目がいってしまいますよね。

 

しかし、それ以上に重要なのが

各問題ごとの分析です。

 

当然ですが、

模試は限られた時間の中で

自分の実力だけで問題を解きます。

つまり、今現在の自分の実力が

如実に成績に反映されます。

その結果をもとに

どの分野が得意で、

どの分野に伸びしろがあるのかを

徹底的に分析して、

より効率的に

自分の弱点を克服していきましょう。

 

 

③復習して次につなげる

模試を受けた後に一番重要なのが、

復習です。

出来なかった問題については

解き直しをし、

なぜ間違えたのか、

その問題を次に間違えないようにするためには

今後どのような勉強をしたらよいか

といった視点で、復習をしてみましょう。

 

以上が、模試を受ける目的です。

(勿論他にもたくさんありますが…)

 

特に②と③のプロセスについては

以下の図にまとめることができます。

東進生なら

一度は見たことがありますよね。

 

模試は、See(分析)の素材でしかありません。

そこから計画を立て、実行に移す。

このプロセスを効率よく回していくことが、

成績を伸ばすための最短ルートです。

是非、次の模試から実践に移してみてください!

 

 

↓お申し込みはバナーから↓