【3月中に差をつけよう】 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2020年 3月 13日 【3月中に差をつけよう】

こんにちは!

東進ハイスクール成田駅前校の大木です!

最近は暖かい日が増えてきましたね。

僕は非常に寒がりなので、

個人的にとても嬉しいです(笑)

 

さて、今日のブログは、

今学校が休みになっているであろう

この時期(=3月)の重要性について

話をしていきたいと思います。

 

まず皆さんに認識してほしいのは、

休みの期間の長さです。

通常の春休みであれば、

3月末から4月頭にかけて

2週間ほどの休みであることが

一般的ですよね。

しかし、

今回コロナウイルスの影響で

その長さは合計1か月になりました!

しかも、この期間、

感染拡大を防ぐ関係で、

部活がないという人が

ほとんどではないでしょうか。

1か月の休みと言えばほぼ夏休み

これほど貴重な時間を

ただ漫然と過ごすのか、

きちんと計画を立てて勉強するのでは

決定的な差がつくのは当たり前ですよね!

 

さらに、3月の勉強の重要性を物語っている

データがあります。

以下のグラフをご覧ください。

資料2

(出典:東進タイムズ2020年3月1日号)

 

データはセンター試験本番レベル模試のものですが、

来年度以降始まる共通テストも

問われる本質は変わらないとい前提のもとに

ご覧ください。

 

これは、

高3の4月センター試験本番レベル模試の受験者を

得点率の3つのグループに分けて、

合格率を出したものです。

 

得点率が60%の人の層と

80%の人の層では、

合格率にかなりの差がついています。

 

つまり、高3の4月時点で、

8割とれていることが

合格の目安と言えます。

端的に言うと、

高3の4月時点で

勝負は決まっている

と言っても過言ではないかもしれません。

とすると、4月に成果を出すためには

3月中に頑張ることが重要である

ということは言うまでもありませんね!

 

以上2つの観点からこの時期の重要性を

見てきました。

これを見て漠然とした危機感を感じた人!

あとは行動に移すだけです!

 

「できる、できないじゃない。

やるか、やらないかだ」

 

これは僕が中学校の時の先生が

おっしゃっていた言葉です。

 

人間はできない理由

やらない言い訳を考えるのが

とても得意です。

しかし、合否を分けるかもしれない

この時期に、できるかできないかを

考えている時間は勿体ないです!

「やらなきゃ…!」と思ったら、

今すぐ行動に移しましょう!

 

この記事を見ている人の中には

まだ東進に通っていない

という人もいるかもしれませんね。

始めるのであれば

今がチャンスです!

4月から始めればいいや…

と思っている人!

もう既にその時点で差が

ついてしまっています!

もし迷っているのであれば、

是非東進ハイスクール成田駅前校へ

足を運んでみてください!

 

また、現在東進ハイスクールでは

新年度特別招待講習を行っています。

今日までのお申し込みで、

3講座(90分×5コマで1講座)

無料で受けられます!

東進の映像授業を体験して、

一緒に早期スタートを切りましょう!

新年度特別招待講習の詳細についてはこちら

 

 

お申し込みは下のバナーから↓