10月 | 2019 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ 2019年10月の記事一覧

2019年 10月 22日 【抜かりのない体調管理を!】

みなさんこんにちは!

東進ハイスクール成田駅前校の大木です!

今日は10月22日。

即位礼正伝の儀が行われる日です!

天皇が即位したのは

5月1日ですが、

本日行われるのは

即位した天皇が日本の国内外に

即位を宣明する儀式です。

本当はこの儀式について

ブログを書きたいところですが

書き始めると止まらなくなって

しまいそうなのでやめておきます。

 

さて、本題に戻しましょう。

今日のテーマは

「抜かりのない体調管理を!」

です。

最近は気温の変化もめまぐるしくて,

服を選ぶにも困ってしまいますよね…

こんな季節の変わり目は体調を

崩しやすいので要注意です。

受験生にとって,

体調を崩してしまうことは

マイナスでしかありません!

事前に予防できることを徹底し,

受験勉強に専念できるように

していきましょう。

そこで今日は、

日ごろからできる予防について

取り上げていきたいと思います。

 

① 手洗いうがい

これは風邪予防の基本ですよね。

つい,面倒くさいから…

と思いがちですが,

こういったちょっとした心がけが

風邪の予防につながります。

また,手を洗った後のアルコール消毒も

有効と言われているので,

是非試してみてください!

 

② 規則正しい生活習慣

特に大切なのは,食事と睡眠です。

食事に関して言えば,

毎日三食,バランスの良い食事を

心がける!これにつきます。

そして,意外と忘れがちな睡眠。

受験直前になると,

夜遅くまで勉強してしまいがちです。

しかし,それによって,

体調を崩してしまったら

本末転倒ですよね。

最近体調が優れないな…

と思ったときは,

無理ををせずにしっかり休みましょう!

 

③ 乾燥を防ぐための対策

インフルエンザなどのウイルスは,

高温多湿な環境に弱く,

乾燥している環境で繁殖するといわれています。

従がって,普段から乾燥を防ぐための

環境作りをすることは,

風邪予防につながるというわけです。

具体的には,加湿器を効果的に使う,

風邪ではなくてもマスクをするなどが

挙げられるでしょう。

 

今回紹介したのは,

あくまで風邪予防の一部にすぎません。

日ごろからのちょっとした心がけで,

万全な体調管理をしていきましょう!

 

 

お申込みは下のバナーから⬇︎

2019年 10月 14日  【モチベを作ろう】

こんにちは!

 

みなさん、学校が始まって

早1か月半…

そろそろ繰り返す毎日に

飽きてきたころだったりしませんか?

 

私自身、

去年の今頃は

毎日変わり映えのない日々

飽きがやってきたころでした。

 

そんなときにおすすめなのが

一週間に1日くらい

自分のモチベになる日を

作ることです!!!

 

そのモチベは

何でもありだと思います。

 

季節限定の

さつまいも味のコンビニスイーツ、

友達と昼休みにバレー、

新しいシャーペン…

 

自分が

「この一週間

このために頑張れるぞ」

と思うことを1つ作って、

そのために頑張り、

また次の週にモチベを作って

次の週もまた頑張る…

 

このサイクルが出来てくれば

途方もなく飽き飽きする一週間や

楽しみのない一週間は

なくなると思います。

 

私はこの方法を見つけた11月頃まで

ほとんど毎日の記憶がありません。

なぜなら毎日に

変化が無かったからです。

 

みなさんには

大切な高校生活を

そんな風には

過ごしてほしくありません…!

 

秋は

読書の秋、

食欲の秋、

スポーツの秋、

芸術の秋など

たくさんあります。

 

自分なりに息抜きや気分転換を作って

やる気を維持できるようにしていきましょう!

 

お申し込みは下のバナーから↓

 

 

 

2019年 10月 12日 【やりたいことを見つけよう】


皆さんこんにちは!!

成田駅前校担任助手の佐藤です!!

 

 

いきなりですが皆さん、目標はありますか?

また大学でやりたいこと

学びたいことは決まっていますか?

 

僕は、大学でやりたいことが決まっていたので

模試でよくない結果が出たときや

過去問が全然解けない時には、

大学でやりたいことを思い出し

モチベーションを下げずに受験勉強を

し続けることができました!!

 

 

大学の第一志望校合格は

ゴールではなく中間地点です。

大学でやりたいこと学びたいことが

決まっているとさらに希望の大学に

合格したいという意思が強くなります。

辛い受験勉強を続けていく意味も

しっかり見つけることができると思います!

 

 

少し前に大木担任助手が

やりたいことは

自分が持っている情報量で決まる!

と書いていました。

(まだ読んでいない人はぜひ読んでください!)

 

 

本当にその通りだな、、、と思いました

 

まだ、大学でやりたいこと

学びたいことが決まってない人は

ぜひ、大学について調べてみましょう!

また、受験生は特に大学の入試制度など

しっかり調べておきましょう!!

 

 

大学でやりたいこと、学びたいことを

明確にしてそれを目標に頑張っていきましょう!!

 

 

お申込みは下のバナーから⬇︎


 

 

2019年 10月 10日 【独学か、予備校か】

 

 

皆さんこんにちは!担任助手の野村です。

今の学年になってから約半年が過ぎ、そろそろ次の学年を意識する頃ですね。

12年生の皆さんは、そろそろ「受験」というワードがちらほら飛び交い、

「予備校どうしようかな~」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

今日はそんな皆さんに、「独学か、予備校か」という

(予備校スタッフとしては少しセンシティブな笑)テーマでお話したいと思います!

 

 

なぜ私がこんな話をするのかというと、

私自身「独学」と「予備校」どちらも経験しているからです。

私は高校生の時、3年間東進ハイスクール(=予備校)に通い、大学受験に臨みました。

一方で、就職活動は独学で臨みました。私は試験が必須の職種を志望していて、

対策用の予備校もあったのですが、悩んだ末、独学にしました。

「予備校に通った大学受験」と、「独学で乗り切った就職試験」

結果的には、どちらも第一志望に合格・内定を頂きました。

この経験から、「独学か、予備校か」という比較を(あくまで個人的に)したいと思います!

 

結論から言うと、「予備校」は必要だと私は思います

というのも、私自身が就職試験を「独学」で乗り越えられたのは、

大学受験で「予備校」に通ったからだと思うからです。

 

予備校は、大学受験における勉強のノウハウ、計画の立て方、

モチベーションの保ち方、受験の最新情報など、本当に多くのことを教えてくれました

1の頃は「予備校なんて通わなくても、一人でできる」と思っていましたが、

何から手をつけたら良いのか、この方法で本当に良いのか、

やる気が出ない時どうしたら良いのか、一人ではきっとわからなかったと思います。

 

予備校には、効率的に勉強できる授業やテキスト・コンテンツが揃っていて、

それをどの順番でどんな風に進めたら良いのか、教え、サポートしてくれる人がいます。

それらを一人で正しく実行できる人でない限り、初めての大学受験においては、

実際に受験を経験した人や、教育のプロに頼るべきだと思います。

 

私は、予備校でそうした「勉強自体」に関する知識をたくさん学んだからこそ、

就職試験では独学で合格できたのだと思っています。

フィールドは違えど、根本的な勉強のノウハウは一緒だからです。

 

つまり、勉強の方法や計画の立て方、モチベーションの維持の保ち方などを

すでに自分で知っていて、一人でも着実に実行できる人は、

独学でも合格できると思います。しかしそうではない人は、

実際に受験を経験した人や予備校のコンテンツに頼った方が、

効率的に受験勉強が進むのではないでしょうか?

 

「独学か、予備校か」。

自分に一番合ったスタイルを見つけるには、

どちらも試して、よりあった方を選択するべきだと思います。

そして、その試行錯誤をするには、時間がかかります。

(私も予備校をいくつも体験しました)

 

どちらか悩んでいる人は、

とりあえずどっちもやってみましょう^^

その上で、自分に合ったやり方で進めれば良いと思います。

 

丁度、東進ハイスクールでは無料の体験会を受け付けています。

来校時に学力がどうとか、受験に関して何も知らないとかは全く関係ありませんので、

少しでも興味があればぜひお申込み下さい!スタッフ一同校舎でお待ちしています。

 

お申込みは下のバナーから⬇︎


2019年 10月 8日 【やりたいことは〇〇の量で決まる?】

みなさんこんにちは!

東進ハイスクール成田駅前校の大木です!

最近は暑くなったり寒くなったり、

寒暖差が激しいですよね…

季節の変わり目は体調を崩しやすいので

日々の予防は怠らないようにしましょう!

さて,今日のテーマは,

「やりたいことは〇〇の量で決まる?」

です。

〇〇とは一体何でしょうか??

順番にお話ししていきましょう。

普段面談をする中で生徒の皆さんと

話していると,

「大学でやりたいことがみつからなくて…」

という声を多く耳にします。

確かに,大学に行こうとは思ったものの,

実際やりたいことは決まっていないと

モチベーションも上がらないですよね。

では,「やりたいこと」って

どうやったら見つかるのでしょうか?

趣味から発展させる?

色々な経験をしてみる?

など,あらゆる答えが返ってきそうですね。

僕の経験に即して言うと,

やりたいことは

自分が持っている情報量

で決まってくると思います。

これが本日の結論です。

具体的に考えてみましょう。

例えば,テレビで美味しいスイーツの

特集をしていたとしましょう。

今まで全く知らなかった店が出てきたとしても,

テレビで紹介されたりすると,

「気になるなぁ…食べてみたい!」と思う、

そんな場面ありますよね。

つまり,人間が「何かをしたい」

と思う欲望は,自分の中に入ってくる

情報の量に左右されるのです。

話を元に戻しましょう。

やりたいことが見つからない

という人でも,大学の学部や

学べる学問について調べてみると,

意外とこれ興味あるなぁ、

と思うものが出てくることがよくあります。

他にも,東進で行われている

トップリーダーと学ぶワークショップや

サイエンスセミナーなどに参加して

今まで知らなかった分野の話を聞く中で,

「今まで興味がなかった

法学に興味が出てきた!」

「理系科目苦手だけど,

AIについてもっと知りたくなった!」

など,興味・関心のある分野を見つけた

という声も耳にします。

いずれも,外部からの情報が

入ってくることによって,

自分のやりたいことを見つけることが

出来ていますよね。

今話してきたように,

人間が物事を考えるときは,

自分が持っている知識・情報

を組み合わせてて思考します。

つまり,情報量が多ければ多いほど,

考える幅も広がるのです。

今自分のやりたいことが見つからない

という人は,

インターネットで調べる

セミナーに参加する

担任助手に聞いてみる

などなど,いろいろな方法で

大学や職業について調べてみましょう!

お申込みは下のバナーから⬇︎

12