ブログ | 東進ハイスクール 成田駅前校 大学受験の予備校・塾|千葉県 - Part 4

ブログ 

2022年 11月 30日 【休み時間は休むだけだろうか】朝日

 

 

みなさんこんにちは!

担任助手1年の朝日です

 

本格的に受験が近づいて来ましたね!

特に共通テストは、

もう残り1か月半しか

ありません!

当日のシミュレーションを

もうしている人も

いると思います。

 

さて、当日ですが、

言わずもがな、テストの合間に

休み時間

絶対あります。

みなさんはその休み時間、

どのように過ごすか

決めていますか?

もちろん、休憩はしますよね。

 

しかし、当日の休み時間は

教科の組み合わせによっては

とてつもない時間が空くことが

ありえます。

場合によっては2時間程度

空くこともあります。

 

それを全部、

椅子に座ってボーっとすることや

スマホで何か見ることに

費やしていいのでしょうか。

(こう言っている時点で

「そうではない」ということですが…)

 

休み時間は、

もちろん休憩することや

娯楽でリフレッシュすることも

大切ですが、

最後の勉強時間

として

活用することも大切です。

 

というのは、たとえば

社会科目では、

一問一答や用語集

パラパラ見ておいたところが

偶然出題され救命されるという

場合があります。

実際僕は私大の入試の時、

これで2か所ほど救われました!

 

また数学や英語、あるいは古文などでも、

曖昧な部分などを再度確認

強固なものにすることによって

オカシいミスをすることを

予防するということも可能です。

 

・休み時間は「休む」のみにあらず。

また

・最後まで手を抜かないこと!

 

この精神を大切にして

実際の受験に臨みましょう!

今日もお疲れさまでした!

 

↓ 各種お申し込みは下のバナーから ↓

2022年 11月 26日 【最終共通テスト本番レベル模試の使い方】田村

こんにちは!

明日の中国語検定の勉強を全くしていなくて

体感温度が-2℃な田村です🥶

(勉強しなさいって話ですよね笑

がんばります……)

 

今日のブログは12月11日に行われる

最終共通テスト本番レベル模試の使い方

についてお話ししたいと思います!

 

 

さて、みなさんは最後の共テ模試に対して

どのような気持ちを抱いていますか?

 

・今までの成果が出るか楽しみだな!

・共テの実感が湧いて来て不安だな…

 

1人1人抱いている気持ちは様々だと思います

 

 

そんなこんなで迎える今回の共テ模試は

本番の共テ直前にやることを試しにやってみる

ラストチャンスになります!

 

・リーディングの解く順番の工夫

・暗記科目のインプット

・直前に解こうとしている過去問

 

本番の共テ前にやって

上手くいくのかを試すチャンスです!

 

今回の模試で点数に結びつけば

共テ直前にやって上手くいく自信になりますね!?

 

今回の模試でもし失敗してしまっても

本番までに修正することができますよね!?

 

 

今回の模試をうまく活用して

後悔の無い共通テストにしましょう!

 

いつでも応援しています!!!!!!🎶

 

 

↓ 各種お申し込みは下のバナーから ↓

2022年 11月 25日 【全力を出し切れるように】石井

こんにちは!

担任助手2年の石井です。

 

そろそろ11月が終わり

共通テスト本番が近づいてきました。

本番に向けて順調に進んでいますか?

 

そんなところについて

今日は話したいと思います。

 

 

受験生にとっては

今まで必死になって勉強してきた

集大成だと思います。

 

新学年の生徒にとっては

1年前の時期で

ここを目標にと言われてきたと思います。

 

いずれにしろ

生徒全員がここで

今までの全力を出し切る。

それが理想です。

 

そのためには

残り50日程に迫ってきた今

短い時間で効率良く

対策していくしかないです。

 

そのためにはどうすれば良いか

分かりますか?

 

自分からは2つ紹介します。

 

1つ目は「意識」です。

 

そもそも今の1月への意識が薄いと

あまり危機感を感じずに日が経ち

気づいたらもう残りわずかとなって

やることが多くなってしまう。

 

それはとても効率が良いとも言えず

何より他のライバルに絶対に負けます。

 

さすがにこの時期で意識が薄い

ことはないと思いますが

改めて

「残りわずか」

「全力でやらなければいけない」

という意識を絶対に持ちましょう!

 

2つ目は「効率化」です。

残り短い時間で

ものすごい時間が掛かるやり方では

効率が悪いです。

 

例えば同じ科目ばかり対策したり

復習に半分以上時間をかけたり

同じ単元、分野ばかり対策したりなどです。

 

一概に悪いわけではないですが

「本当にそれが時間をかけてやるべきか」

ということです。

 

「本番で自分がどこを取れるようにしたいのか」

「どこを取らなければいけないのか」

というところを明確にしておき

それを残りの時間で対策するのが

結果、点数につながります。

 

具体的で明確な目標を立てて

そこを重点的に対策することで

効率良く勉強を進めましょう!

 

今回は2つほど紹介しましたが

最初に言ったように

本番が近づいてきて時間は無くなっています。

短い時間で

改めて意識を向けて

効率の良い勉強をしていきましょう!

 

それではまた!

↓ 各種お申し込みは下のバナーから ↓

2022年 11月 23日 【シン学年】西川

 

みなさん、こんにちは!

担任助手3年の西川です。

 

この前、久しぶりに

科学館に行ったのですが

童心に帰ってはしゃいでしまいました笑

科学って面白いですよね…!

 


 

さてさて、今日は

「新学年」になる低学年の皆さんに向けて

ブログを書きたいと思います!

 

突然ですが

今の成田駅前校

低学年生がどれくらい活躍しているか

ご存知でしょうか??

 

直近のデータですが

高2生の登校率が80%越え

高1生の向上得点がHS中でトップ10入り

と、みんなかなり頑張っています!

 

私としても

嬉しい気持ちでいっぱいですが

同時に

もっと頑張れるポテンシャルはあるのでは?

とも感じています。

 

というのも

高速基礎マスターの状況が

少し惜しいんですね…

英単語はほとんどの人が進めてくれていますが

英熟語、英文法となると

まだまだ進捗が芳しくありません😢

 

 

逆に言うと

ここで高マスをどんどん進めていけば

周りより先に

英語の基礎事項をマスターできるわけです!

 

みなさんには

その第一人者になってほしい!

と心から思っています。

 

 

受験生に向けての最初の一歩

輝かしいものにしませんか??

 

 

ちなみに今

成田駅前校では

「冬期特別招待講習」

を実施しています!

 

受講のみならず

今回言及した「高速基礎マスター」

無料で受講することができるので

少しでもご興味があれば

是非、お気軽にお問い合わせください♪

 

お申込みはこちらから

 

 

↓ 各種お申し込みは下のバナーから ↓

2022年 11月 20日 【最後まで1点にこだわれ!】北林

こんにちは!

担任助手2年北林です!

 

今日の北林語りは

『最後まで1点にこだわれ!』

というテーマで語ります!

 

その中でも話したいのが

今日実施されている

『難関・有名大記述模試』

についてです!

 

9月から単元ジャンル演習がスタートして

約2か月半

最近では第一志望校の過去問だけでなく

併願校の過去問の対策にも

手をつけていると思います!

 

このブログをみるのは

模試が終わった頃だと思います

 

今までの演習の成果を発揮すること

はできましたか?

 

ここで記述型模試の帳票に

載っている偏差値の度数分布表

を見てみると、

昨年合格者の偏差値ボリュームゾーン

昨年不合格者の偏差値ボリュームゾーン

にあまり差はなく、

合格最低点付近にかなり多くの受験生

が集中している印象です

 

これを見ると、

英語のスペルミスで失う1点

数学の部分点として加点される1点

がいかに重要か、

合否を分ける1点になるか痛感します

 

共通テストのように

各問が0か100かで済まされる

わけではないのが記述模試です

 

スペルミスのような落とし穴

部分点のような加点チャンス

があるため、

『泥くさく1点でも

多く点を取りに行く姿勢』

がとても大事です!

 

今回の難関有名模試では

それができましたか?

 

復習の際は知識面だけでなく、

どこで1点でも失点を減らせたか、

どこで1点でも加点を

もらうことができたか、

しっかり分析して本番に活かすこと

がとても大事です!

 

本当の意味で

この1点にこだわれるようになれれば、

受験生として

かなり大きな強みになるはずです!

 

自分の失点パターン

得点パターン

をしっかり分析しましょう!

 

これで北林語りを終わります!

 

来月もお楽しみに!

 

See you next time!

 

各種お申し込みはこちらから

↓↓↓

英単語集中特訓