ブログ | 東進ハイスクール 成田駅前校 大学受験の予備校・塾|千葉県 - Part 2

ブログ 

2022年 9月 13日 【努力だ。勉強だ。】大熊

こんにちは!

担任助手2年の大熊です!

 

先日推しに会えるイベントがあり、

最近はテンションが高いです笑

 

さて、9月に入り2週間ほど経ちましたが

皆さん調子はどうですか??

 

学校が始まり、

勉強時間が減ってしまったという人も

居るのではないでしょうか?

 

しかし、学校が始まったというのは

みんな同じです!

 

ここで大事なのが

隙間時間の活用

勉強時間の捻出

です(^_^)

 

今日は私が受験生の時に行っていた

隙間時間の活用法・勉強時間の捻出法を

紹介しますね!

 

①朝早く学校に行く

私の高校は8:25から

朝のHRが始まっていたのですが、

私は7:00頃の電車に乗って7:30には

高校に着くようにしていました!

そのおかげで学校が始まる前に

毎日1時間ほど

勉強時間を確保できていました👍

 

②お風呂やご飯の時間を活用

お風呂やご飯の時間は

周りの人は

勉強を休みがちな時間ですよね…!

私はここで差をつけようと思って

お風呂やご飯の時間を活用していました!

具体的に、お風呂では

社会の順番を覚える系の事柄の

暗唱をしていました!

一人でご飯を食べている時は

東進の古文のテキストを見て

文学史を覚えたり

東進のリスニングアプリ

取り組んだりしていました!

 

③通学時間の活用

通学時間の活用はよく聞きますよね!

今の自分は通学時間を

最大限活用できているか

もう一度考えてみてください!

ちなみに私は駅までの歩きの時間は

覚えられていない英単語

ひたすら唱えていました笑

駅で友達と合流し、

電車の中では英文法をやり、

高校の最寄り駅から高校までの間は

友達と社会の用語で

しりとりをしていました!

社会の用語を使ったしりとりは

楽しく勉強が出来て

用語の語彙も増えるので

おすすめです(^^)

 

 

大体こんな感じです!

他にも帰宅後の時間なども

大切に使うようにしていました!

 

今回ご紹介したのはあくまで例ですが

ぜひ皆さんも

隙間時間の活用

勉強時間の捻出

を意識して生活してみてください~!

 

努力だ。勉強だ。

それが天才だ。

誰よりも

三倍、四倍、五倍勉強する者、

それが天才だ。

By野口英世

 

大学受験は

高校受験とは比べものにならない倍率を

勝ち抜かなければいけません。

本気で勝ちたいと思うなら

同じ条件の人の集団の中で

努力量で上回る必要があります。

自分は誰よりも勉強していると

胸を張って言えるくらい頑張った先に

つかめるものがあります(^_^)v

 

最後までお読みいただき

有難うございました!

 

↓ 各種お申し込みは下のバナーから ↓

2022年 9月 9日 【単元ジャンルの目的は??】北林

こんにちは!

担任助手2年の北林です!

 

今日の北林語りは…

『単元ジャンルの目的』

について語っていこうと思います!

 

単元ジャンルが開始されて8日

が立ちました!

 

みなさんは

”何のために”

単元ジャンルをやっていますか?

 

北林が最近思うことは

『ただただ演習をこなすだけ』

になっていませんか?

 

また、

『やらない日がある』

なんてことありませんか?

 

皆さんには

”目的の再認識”

をしてほしいです!

 

単元ジャンルの目的

『苦手克服』

『得意を伸ばす』

だと思います!

 

そこで2つ伝えたいことがあります!

①苦手ならやらない日を作らない!

②苦手克服は簡単ではない!   

 

 

苦手克服=”高い壁

 

それに対しての

単元ジャンルの演習量は足りていますか?

ただただ演習量をこなすのも1つの手

だと思います!

 

しかし!!

目的を持つことでただただ演習をこなす

のも意味が違ってくると思います!

 

最後に…

『苦手を克服する』という

高い壁を乗り越えるのに

そのための演習量を

しっかり確保できていますか?

 

高い壁を乗り越えるのが

難しい&大変

それは分かっていると思います!

 

それがわかっているのなら

逃げずにやるしかないのです!!

 

それが受験の難しさだと思います!

 

だ け ど !!

 

みなさんには

何がついていますか?

 

あなたたちには

担任助手

がいます!

 

担任助手を頼りましょう!

北林はいつでも助けます!

 

以上で北林語りを終わります!

 

See you next time!

 

↓ 各種お申し込みは下のバナーから ↓

 

 

 

 

 

2022年 9月 8日 【未来の自分にふさわしい姿に】石井

こんにちは!

担任助手2年の石井です。

最近9月になって暑い涼しいと色々ですね。

体調管理だけは怠らずに!

 

今日は9月になったと言うことで

高校1,2年生向けに話をします。

 

夏休みが明けて学校が始まりましたが

夏休みは理想の過ごし方が出来ましたか?

 

この前のブログでも言いましたが

高校1,2年生の夏休みはとても重要でした。

改めて振り返ってみてほしいです。

 

ただ!!

9月は夏休みと同じくらい

いや

夏休み以上に重要になります!

 

というのはなぜか?

 

そう!

受講を終わらせなければならないからです!!

何回も言っていますが

絶対に9月末受講修了です!!

 

この目標なのはなぜだか分かりますか?

 

1月には共通テスト同日模試がありますね。

そこで自分の志望校の合格者平均点

突破するのが目標ですね。

その実力をつけるとなると

復習期間を沢山設けて

共テレベルは完成させなければならない。

復習を2,3ヶ月するとなると

9月には受講は終わっていないとですね?

 

このように逆から考えることで

「なぜ必要か。」

「なぜ終わらせなければならないか」が

分かると思います。

 

それと1つお願いがあります。

それは

「もうすぐ受験生という自覚を持って」

学習してほしいことです。

 

これは高2の人になりますが

高1の人も学年が上がる自覚を持ってほしいです。

 

東進では12月には学年が1つ上がります。

高2の人は受験生に。

高1の人は高2になります。

 

学年が1つ上がるということは

自分のレベルもその学年に合わせて

レベルアップしなければなりません。

 

今の自分は

未来の自分にとってふさわしい姿ですか?

 

今ならまだ自分自身を変えられます。

12月から新学年として

いいスタートを切るためにも

今できることは当たり前に終わらせましょう!

 

そのための一歩として

まずは!

絶対に9月に受講は終わらせましょう!!

一緒に頑張りましょう!

 

それではまた!

 

↓ 各種お申し込みは下のバナーから ↓

 

2022年 9月 7日 【9月からって何するの????】遠藤

皆さんこんにちは!

担任助手1年の遠藤です!

いや~夏休みも終わってもうですね!!

の勉強は充実できましたか?

充実した人そうでない人いると思います。

 

ですが、

まだここから挽回できます!!!!!

 

前触れはさておき、、、

今回の内容は9月からどう勉強していくかについてお話します。

最初に

共通テスト・二次私大過去問を散々解いたと思います!

そのデータを最大限活用した

 

単元ジャンル!

というものを使って今後勉強していきます!

単元ジャンルはAIが過去問の成績を基に

個々に合った今勉強するべき項目を最優先順に

提示してくれて合格への最短ルートで効率的に勉強することができる

とても素晴らしいものです!!!

 

これを導入しているのは

 

 

 

東進だけ

 

つまり、

皆さんはこれをこれから進めていくのです!

 

もうすでに知っている人がほとんどだと思いますが

 

平日 10個

 

休日 15個

 

が目標数字です!

 

結構辛いと思いますが

 

これをやり切れば確実に成績が上がる!!

 

からの第一志望校合格に一気に近づきます!!

 

精一杯取り組んで下さい!!

 

みんながこれからまた成績が上がると思うととても楽しみです~!

 

 

また10月にお会いしましょう~~!

 

僕も9月ファイナル東京ドーム頑張ります!

 

↓ 各種お申し込みは下のバナーから ↓

 

 

 

2022年 9月 4日 【滑り止め?いやいや…】朝日

 

みなさんこんにちは!

担任助手1年の朝日です!

 

共通テスト本番まであと4か月もありませんね

みなさん、モチロン

第1志望校は固まった

思います。

 

では第2志望校以降

どうなっていますか?

決まっていないという方

いるのではないでしょうか?

 

そもそも

「考えてない!」

って人もいるんじゃないでしょうか…

 

みなさん、考えたくはないと

思いますが

「万が一」

視野に入れておく必要

そろそろ出てきますね。

 

では、その決め方はどうでしょう?

 

「滑り止めだからテキトーに

決めればいいやん」

って思うかもしれません

 

それ、ダメです。

 

絶対にテキトーに決めては

なりません!

 

そもそも、第2志望以降が

滑り止めである

この考え方自体

誤りといっても過言ではありません。

 

滑り止めと聞くと

なんとなく

嫌なイメージがついてまわります

自分が第1志望校に行けなくなって

しまった際の

「代理大学」

そんなイメージがします。

 

違います。

 

すくなくとも、

第2志望以降も、

自分が行きたい大学である

必要があります。

「万が一」が起きた時

行きたくもない大学だと

もうモチベーション

ダダ下がりなのは

分かりますね?

それでは意味がありません!

 

 

では、どう決めればいいのでしょうか?

 

意識すべきことは、

「第1志望校に近い大学を探す」

ということです。

 

まずは、自分が大学でやりたいこと

第1志望校の決め手再考しましょう。

 

次に、その考えに当てはまる

学部・学科があるような大学を

ネットや本を使い

リストアップしてみましょう。

 

そして最後に、

学部・学科の内実について

公式のものや

情報サイトで調査しましょう。

 

こうして、しっかりと

志望校を絞っていくこと

肝腎になります。

 

他に、特定の教授や

学習の特色など

気になったところを

調査してみるのも

いいでしょう。

 

今後の人生を

左右する可能性のある

重大なことです!

適当に済まさず

じっくりと決めましょう!

頑張って行きましょう!

 

↓ 各種お申し込みは下のバナーから ↓