【病院ってなんのために行くの?】古川 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2020年 11月 11日 【病院ってなんのために行くの?】古川

こんにちは! 古川です!

 

実は最近、高校1年生のころからなっていた

顎関節症が悪化してきまして(;_;)

 

以前は口を開けるときにカクッと

音がするだけだったのですが、

ここ1週間ほどで痛みが生じ始め

口の開きもかなり悪くなってきました(;_;)

 

まあ、何年も放置してた私が

悪いんですけどね……。

 

しかしさすがにマズイと思い、

先日歯医者に行ってきました。

 

マウスピースを作り直すのに

歯形をとってきました。

まったく医療費は高い……。

 


 

さて皆さんも、なにかと病院の

お世話になることは多いと思います。

 

でも病院って、

行きたくて行ってる人は

中々いないんじゃないでしょうか?

 

何かしら体に不具合があるから

それを治すために仕方なく行く……

 

大体の人はそうだと思います。

 

ただ、病院に行きさえすれば

お医者さんがその不具合を治すために

適当な量のお薬を処方してくれます。

 

お医者さんが言う

「このくらいの頻度で服用してくださいね」

「処方した分は使い切ってくださいね」

などをしっかり守れば

ほとんどの場合は治るはずですよね。

 

 

逆に言ってしまえば、自分の判断で

服用する頻度を変えたり

途中で服用をやめたりしたら

もちろん治るものも治りません

 

なにを当たり前のことを言っているんだ、

と思う人もいるでしょう。

そう、予備校も同じなのです。

 

第一志望校に合格するために

提案された授業や模試。

 

それはお医者さんから

病気を治すために処方されたお薬と

同じなのです。

 

大学合格に適当な量の

授業をとっているのに

自分の判断で「受講やらなくていいや」

となってしまう。

 

それで果たして

第一志望校に合格するのでしょうか?

 

 

私が長々と病院の話をしたのは

こういうことを言いたかったからなんです。

 

 

学力を伸ばすために

自分で塾に入ったのに

取った授業を受けない。

 

病気を治すために

自分で病院に行ったのに

処方された薬を服用しない。

 

顎関節症を治すために

自分で歯医者に行ったのに

マウスピースを付けない。

(私やないか~い!!)

 

私は高1でなった顎関節症を

何年も放置していたら

今になってひどく悪化して、

ほんとうに痛い目を見ています。

 

皆さんは、受験生になってから

痛い目を見ないように、

今から習慣的に勉強をしておくことを

強くオススメします。

 


 

ひとつ、塾が病院より優れていることを

お伝えしておきましょう。

 

それは、”過剰摂取が起きないこと”

 

お薬は決まった量より少なくても

多くても良くありません。

 

しかし、受験勉強は

多ければ多いほど良いのです。

 

1日1錠と決まっていても、

1日に5錠飲んでも良いのです。

 

たくさん摂取した分、

より第一志望校合格に近づきます。

 

皆さんが私のようにならないことを

(病気を悪化させないことを)

強く祈っています。

 

 

では!! 古川でした!!!

 

 

↓各種お申し込みは下のバナーから↓