【東進ブックスのデータ活用】小松 | 東進ハイスクール成田駅前校|千葉県

ブログ

2020年 6月 30日 【東進ブックスのデータ活用】小松

こんにちは!小松です。

 

今回は東進ブックスに付属している

 

データの活用についてお話させていただきます。

 

 

東進ブックス(東進出版の参考書)

 

音声データが付属しています。

 

例えば英語だったら

 

ダウンロードしてパソコンに保存し

 

あとはたくさん聞いて音読。

 

 

でも、これだけだと活用方法としては50点。

 

このデータをスマホに入れて

 

ちょっとした時間に聞くこともできます。

 

 

電車に乗っているとき

(自転車はダメ、道路交通法違反ですよ!)

 

家族でお出かけするときに車の中で

 

布団の中で聞きながら寝る

 

などなど、活用方法は様々です

 

 

 

スマホに入れて、常に自分のそばに音声データがある状態だと

活用方法としては100点です。

 

 

 

人間が持っている5感を多く使えば使うほど

 

強く頭に刷り込まれるんだよ!と

 

田舎のばっちゃから聞いたので

 

暗記系の場合、私は自分でつぶやいたり、音声を聞きながら(聴覚)

 

参考書、ノートを見て(視覚)

 

ペンを動かして(触覚)ました。

 

 

個人的にかなり効果アリだったので

 

 

大学生になった今でもつかってます。

 

 

皆さんも機会があれば是非おためしください。

 

 

次回は

 

日本史の資料集の活用法

 

自分だけの通史ノートづくり

 

の二本立てでお送りします。

 

 

 

 

(変わるかもしれない)

 

 

 

 

▼▼各種お申込みは以下のバナーから▼▼